プリザーブドフラワーの魅力と取り扱い

プリザーブドとは、
保存する、保護する、維持する」といった意味の言葉で、
もともとは、フランスの花の生産農家の方が、
たくさん収穫された花をどう保存するかという発想からはじまったとのことです。

ドライフラワーもプリザーブドフラワーも、お花の美しさをできるだけ長く保存するということでは
同じですが、プリザーブドフラワーは、ドライフラワーとは、まったく作り方がちがっています。

乾燥させるわけではなくて、薬品をお花に吸収させるので、
まるで生花そのままのようにみずみずしく、花びらもやわらかいです。
保存状態がよければ、数年間は美しさをたもてるというのは魅力です。

でも、プリザーブドフラワーはとってもデリケート。
水分、湿気、乾燥、直射日光、ほこりなどは、大敵
飾る場所や製作場所も注意が必要です。

長い間飾っていると、どうしてもほこりがついてしまいますが、
ほこりがついたら、ドライヤーの冷風で、そっととばすとよいようです。

花材・資材などのお店

 

わたしがよく利用しているプリザーブドフラワーの花材・資材のお店です。

 

 

プリザーブドフラワー専門
素敵なギフト&花材、資材、花器、リボンを翌日配達
資格も取れる通信講座

専用のプリバーブドフラワー加工液をつかえば、

庭で大切に育てたバラや、思い出の花束のお花を

オリジナルのプリザーブドフラワーに加工することができます。

 

プリザーブドフラワー加工液についてはこちらからどうぞ

プリザーブドフラワーを専用の制作液で作る方法から、アレンジまで総合的に学べて、

資格もとれる講座もあります。

プリザーブドフラワー制作講座はこちら