ドライフラワーの魅力

植物や果物を自然に乾燥させたドライフラワー
やさしい自然の色合いは、お部屋に飾ると、ほっとなごめるような気がします。

自然のままに乾燥させるから、
同じ花でも、一本一本の色が微妙にちがったり、
葉っぱも、ぴんと広がったのもあれば、
まるまっていたり。。。

ドライフラワーは、冬が長くて行きに閉ざされたヨーロッパで、
冬にも、お花の色や香りを取り入れる手段だったそうです。
やっぱり暮らしのなかにお花がないのは寂しいですものね。

ドライフラワーは、生花よりは長持ちするといっても、
永遠のものではありません。

お花の種類にもよりますが、3ヶ月~6ヶ月と日がたつと、
退色したり、最後には、花びらが落ちてきたりします。

花びらが落ちたら寿命ですが、お花の色の退色については、
色がかわっていく様子をながめるのもまた魅力ではないかな、と思います。

できるだけ長く美しい状態で楽しむためには、
直射日光は避け、また、多湿にも注意が必要です。

プレゼントでいただいたお花を、ドライにして残しておくのもステキですよね。

ドライフラワーの花材・資材のお店

ドライフラワー・雑貨 花七曜さんでは、

北海道のとてもきれいで新鮮なドライフラワーが手に入ります。

毎年ラベンダーの季節、富良野のラベンダーが楽しみです。

 

〔おすすめ〕

 

   ◆ドライフラワー富良野ラベンダー(3号)

手作りのドライフラワー

ドライフラワーは、花材専門店なら、

色もきれいで品質のよいドライフラワーが手に入りますが、

ときには、自分で育てたお花や、

プレゼントでいただいたお花をドライフラワーにしてみるのも楽しいものです。

 

ドライフラワーの作り方は、自然乾燥、シリカゲルを使う方法などがあります。

 

ドライフラワーの作り方は、こちらからどうぞ。